はじめてご利用の方へ
電子入札システムをご利用いただくために必要な機器、設定は下記のとおりです。
既に国土交通省などでお使いのパソコンとICカードをご使用になる場合は、4番からお読みください。
1.パソコン、ソフトウェア、ネットワークの準備
電子入札は、インターネットを利用して参加して頂くため、ハードウェア・ソフトウェア・ネットワーク環境を準備していただく必要があります。
各機器の構成及びスペックについてはこちらを参照してください。
2.電子証明書(ICカード)の準備
電子入札に参加するには、コアシステム対応認証局から発行された電子証明書(ICカード)【有料】が必要となります。
コアシステム対応認証局については、こちらを参照してください。
3.ICカードリーダのセットアップ
お手元にICカードとカードリーダが届きましたら、マニュアルを参照してカードリーダのセットアップを行ってください。
ご不明な点は各認証局へお問い合わせください。
4.java.policyファイルの設定
鳥取県電子入札システムをご利用の場合、java環境ファイル『java.policy』を更新する必要があります。
『環境設定ツール』は各認証局によって、ICカードリーダに添付、もしくはホームページよりダウンロードといった形で提供されております。
『環境設定ツール』に関するお問合せは、各認証局へお願いいたします。
5.利用者登録
鳥取県電子入札システムで利用者登録を行います。
登録方法については、鳥取県電子入札システム操作マニュアル【第6章利用者登録】を参照してください。
6.電子入札システム利用開始
利用者登録完了のメールが届きましたら、電子入札システムをご利用いただけます。